イワタ輸送センター データテックのSR使い防御運転

 「健全経営を目指し、人・物・金を回していくうえで、事故は足かせになる。防御運転を徹底して、事故がなくなるよう努力すれば、限りある時間を集客に集中させることができる」と事故削減の意味を語るのは、イワタ輸送センター(静岡県袋井市)の天野恭子社長。データ・テック(田野通保社長、東京都大田区)のセイフティレコーダ(SR)を導入し、事故防止に努めている。


 2015年に5代目社長として就任した天野社長。女性社員の比率も同業他社より多く、地域密着型のきめ細やかなサービスで支持されている。しかし、社長就任後に車両事故が多発し、保険料額も上昇したことでダメージを受けた。「社内の雰囲気は良好なのに、なぜ事故が多いのか」と思案し、導入したのが「SR」。20年間無事故・無違反のドライバーが予想外に低い得点を記録したことで、「運転の見える化」に本格的に着手した。


 内容は、月初めにドライバーが目標点数を宣言し、その結果を社内に掲示するもの。月平均最高得点者を表彰するなど、安全意識の向上とモチベーションアップを促した。導入後、診断項目ごとに平均得点の推移や燃費改善効果をグラフで掲示。弱点や課題を見える化することで、SR運用の意義と向上心につなげた。社内の安全講習会もSRのデータを活用。車両・荷物事故ゼロも当初の100日から200日へと目標を設定し、安全輸送と地域貢献企業として加速させる。

”イワタ輸送センター データテックのSR使い防御運転”の続きを読む
 
【ドラレコ】

2016年12月19日

 

イワタ輸送センター データテックのSR使い防御運転

 「健全経営を目指し、人・物・金を回していくうえで、事故は足かせになる。防御運転を徹底して、事故がなくなるよう努力すれば、限りある時間を集客に集中させることができる」と事故削減の意味を語るのは、イワタ輸送センター(静岡県袋井市)の天野恭子社長。データ・テック(田野通保社長、東京都大田区)のセイフティレコーダ(SR)を導入し、事故防止に努めている。


 2015年に5代目社長として就任した天野社長。女性社員の比率も同業他社より多く、地域密着型のきめ細やかなサービスで支持されている。しかし、社長就任後に車両事故が多発し、保険料額も上昇したことでダメージを受けた。「社内の雰囲気は良好なのに、なぜ事故が多いのか」と思案し、導入したのが「SR」。20年間無事故・無違反のドライバーが予想外に低い得点を記録したことで、「運転の見える化」に本格的に着手した。


 内容は、月初めにドライバーが目標点数を宣言し、その結果を社内に掲示するもの。月平均最高得点者を表彰するなど、安全意識の向上とモチベーションアップを促した。導入後、診断項目ごとに平均得点の推移や燃費改善効果をグラフで掲示。弱点や課題を見える化することで、SR運用の意義と向上心につなげた。社内の安全講習会もSRのデータを活用。車両・荷物事故ゼロも当初の100日から200日へと目標を設定し、安全輸送と地域貢献企業として加速させる。

”イワタ輸送センター データテックのSR使い防御運転”の続きを読む
 
【ドラレコ】

2016年12月19日

 

日之出運輸 大宅秀順常務「12%の燃費向上を目指す」

 【福岡】日之出運輸(籾井幸雄社長、遠賀郡水巻町)では、10月に自社の保有する全車両にデジタコの導入が完了したという。大宅秀順常務によると、導入した10月から来年3月末までの半年間を試行期間とし、現在、活用方法などを探っている。


 「デジタコの点数を、どう評価につなげるか」という中で、報奨金制度の導入や手当として支給することなどを検討しているという。大宅常務は、「いかに公平な評価ができるか、来年3月までに詳細を詰めていきたい」と話している。

”日之出運輸 大宅秀順常務「12%の燃費向上を目指す」”の続きを読む
 
【デジタコ】

2016年12月19日

 

テレニシ IT点呼で東洋マーク製作所と提携、スマホ対応機種が大幅増加

 貨物・旅客事業者向け総合クラウド点呼システム「IT点呼キーパー」を開発するテレニシ(大阪市中央区)は、アルコール操作機能での利便性向上を目的に、東洋マーク製作所(大阪府八尾市)のアルコール検知器3種類と提携した。今夏から両社は提携の準備を進め、東洋マーク製作所はIT点呼の専用システムとの接続はしていなかったことから、テレニシとのタイアップが初となる。


 東洋マーク製作所は平成14年からアルコール検知器の開発・販売を開始し、トラック・バス・タクシーを中心に、全国で約30万台以上の販売実績を誇る。今回、接続可能となったモバイル型アルコール検知器「AC-015/015BT」、据え置き型検知器「AC-011」は電気化学式を採用しており、精度の高いアルコール検知能力を有するほか、「AC-015BT」はBluetoothを搭載している。


 連携により、IT点呼では3機種すべてに対応。スマホ点呼ではBluetooth搭載機能が対応となる。Bluetooth接続ではスマートフォンとの接続に必要だったケーブルが不要となり、遠隔地でのアルコール測定に最適。さらにスマートフォンの対応機種が大幅に増加し、東洋マーク製アルコール検知器を用いたスマホ点呼では、新たに不正点呼防止機能を実装し、問題となっている「身代わり点呼」を未然に防止する仕組みとなっている。

”テレニシ IT点呼で東洋マーク製作所と提携、スマホ対応機種が大幅増加”の続きを読む
 
【運行管理】

2016年12月19日

 

最新ニュース

【運行管理】
テレニシ IT点呼で東洋マーク製作所と提携、スマホ対応機種が大幅増加
 
【ドラレコ】
インバイト ドラレコ「Alive LGD-200」発売
 
【デジタコ】
日之出運輸 大宅秀順常務「12%の燃費向上を目指す」
 
【運行管理】
テレニシ「IT点呼キーパー」 スマホで不正防止を
 
【運行管理】
ユトナス クラウド型業務管理システムを発売
 
【デジタコ】
デンソーセールス 労務管理と成長戦略をテーマにセミナー
 
【デジタコ】
テレコム デジタコの最適な活用を支援
 
【運行管理】
エコモ財団 グリーン経営認証リーダー研修会、約60人が参加
 
【デジタコ】
JATA 調査研究発表会でデジタコ活用術など報告
 
【デジタコ】
デンソーセールス 大阪セミナー「風と香りで眠気を抑制」
 
【デジタコ】
SBSフレイトサービス 同機種のデジタコを全車両に導入完了
 
【運行管理】
行政書士高橋幸也うめさと駅前事務所 運管試験対策講座の受付開始
 
【デジタコ】
今井運送 全車にデジタコ装着、データ分析や配車に活用
 
【デジタコ】
トラントロン デジタコ活用セミナーで実態に即した活用法解説
 
【ドラレコ】
ノーティス 工藤暢啓社長 運転の癖を見抜いて安全指導
 
【デジタコ】
ETC2.0車載器割引 東ト協連がキャンペーン実施
 
【運行管理】
ナビタイムジャパン iOSアプリ「トラックカーナビ」提供開始
 
【運行管理】
ナビタイムジャパン 2つのサービスでグッドデザイン賞
 
【ドラレコ】
24システムタイヤサービス 新車を導入、作業効率化とサービス充実化を図る
 
【運行管理】
フルバック 東京と大阪で経営者や幹部向けの戦略セミナー開催
 
 

デジタルタコグラフ

ドライブレコーダー

運行管理システム(TMS)

配車計画システム

運送業経営支援システム

販売代理店

安全運行支援