富士通マーケとFTRD 急ブレーキ多発地点情報を提供

【運行管理】

 

 富士通マーケティング(藤田正美社長、東京都港区)と富士通交通・道路データサービス(FTRD、島田孝司社長、同)は8月10日、新潟地方交通共済協同組合(川崎敬文理事長、新潟県新潟市)に「急ブレーキ多発地点情報提供サービス」を提供したと発表。


 同サービスは、全国約7万台の貨物商用車に搭載されたデジタコから1秒間隔で集められたデータ(商用車プローブデータ)を元に、ドライバーが1秒間に時速10キロ以上の減速を行った地点である「急ブレーキ多発地点」の情報をビッグデータとして蓄積・分析。曜日別、時間帯別、地点別に急ブレーキ発生回数を集計し、急ブレーキが発生している地点の住所や発生回数、方向を一覧表で提供する。


 これにより、何曜日に、どの地点で特に注意して運転するべきかがあらかじめわかり、ヒヤリハット情報の精度と信頼度が向上する。

 また、急ブレーキ多発地点に、視覚的にわかりやすいマークを付けたA4サイズ地図データを提供。詳細な道路状況がわかるように、現場の詳細地図と写真、進行方向別の急ブレーキ発生回数の集計結果をまとめたデータも併せて提供することで、特に、どの方向へ進行している時に注意すべきかがわかり、出発前の点呼時に急ブレーキ多発地点の速やかな情報提供を可能にする。


 同組合では16年4月から、小冊子やインターネットを通じて、新潟・山形・秋田3県の「急ブレーキ多発地点」に関する情報を組合に加入する約500社のトラック運送事業者に提供。事故防止に活用する取り組みを強化している。


 同組合では8月から、事故防止キャンペーンの一環として、各事業者の運行管理者を対象とする研修会で、「急ブレーキ多発地点情報」の活用方法に関する提案活動を推進していく。また、新潟・山形・秋田3県以外のより広域で詳細なデータの活用も視野に入れ、さらなる交通事故防止対策を強化するとしている。


◎関連リンク→ 富士通マーケティング株式会社


◎関連リンク→ 株式会社富士通交通・道路データサービス

 

最新ニュース

【運行管理】
ナビタイム 通行止め考慮したルート検索を開始
 
【運行管理】
聖亘トランスネット クラウド型システムに新機能
 
【運行管理】
富士通マーケとFTRD 急ブレーキ多発地点情報を提供
 
【運行管理】
エムエスティ 車両管理支援システム、手のひらサイズで簡単設置
 
【ドラレコ】
アールアンドピー バックカメラセットなど経営者目線の商品提供
 
【デジタコ】
テレコムと東海電子 合同セミナー開催、アルコール検知器など紹介
 
【運行管理】
夏のバッテリートラブルに注意 こまめな液量チェックを
 
【運行管理】
運輸とICTが団結 運輸デジタルビジネス協議会が発足
 
【運行管理】
モービルアイで事故防止 ジャパン21がセミナー開催
 
【運行管理】
イクソル 物流とIT、両方に精通
 
【運行管理】
共栄システム 電力販売業に参入、見直しによるコスト削減を提案
 
【運行管理】
フルバック 安全管理の取り組み解説
 
【運行管理】
テレニシ 「IT点呼キーパー」助成対象認定で低コスト導入へ
 
【運行管理】
アールアンドピー 24Vバックカメラリニューアル
 
【運行管理】
東洋マーク製作所とテレニシ アルコール検知器とIT点呼キーパーを接続
 
【デジタコ】
デンソーセールス セミナーと展示会で「労務管理と成長戦略に」
 
【運行管理】
あんサポ活動報告会 「体調予報」の取り組みを報告
 
【ドラレコ】
和ト協 ドラレコ活用セミナーを開催
 
【運行管理】
ナビタイムジャパン 「トラックカーナビ」全国対応を実現
 
【運行管理】
ジャパン21 7月に東名阪で「モービルアイセミナー」開催
 
 

デジタルタコグラフ

ドライブレコーダー

運行管理システム(TMS)

配車計画システム

運送業経営支援システム

販売代理店

安全運行支援