富士通マーケとFTRD 急ブレーキ多発地点情報を提供

【運行管理】

 

 富士通マーケティング(藤田正美社長、東京都港区)と富士通交通・道路データサービス(FTRD、島田孝司社長、同)は8月10日、新潟地方交通共済協同組合(川崎敬文理事長、新潟県新潟市)に「急ブレーキ多発地点情報提供サービス」を提供したと発表。


 同サービスは、全国約7万台の貨物商用車に搭載されたデジタコから1秒間隔で集められたデータ(商用車プローブデータ)を元に、ドライバーが1秒間に時速10キロ以上の減速を行った地点である「急ブレーキ多発地点」の情報をビッグデータとして蓄積・分析。曜日別、時間帯別、地点別に急ブレーキ発生回数を集計し、急ブレーキが発生している地点の住所や発生回数、方向を一覧表で提供する。


 これにより、何曜日に、どの地点で特に注意して運転するべきかがあらかじめわかり、ヒヤリハット情報の精度と信頼度が向上する。

 また、急ブレーキ多発地点に、視覚的にわかりやすいマークを付けたA4サイズ地図データを提供。詳細な道路状況がわかるように、現場の詳細地図と写真、進行方向別の急ブレーキ発生回数の集計結果をまとめたデータも併せて提供することで、特に、どの方向へ進行している時に注意すべきかがわかり、出発前の点呼時に急ブレーキ多発地点の速やかな情報提供を可能にする。


 同組合では16年4月から、小冊子やインターネットを通じて、新潟・山形・秋田3県の「急ブレーキ多発地点」に関する情報を組合に加入する約500社のトラック運送事業者に提供。事故防止に活用する取り組みを強化している。


 同組合では8月から、事故防止キャンペーンの一環として、各事業者の運行管理者を対象とする研修会で、「急ブレーキ多発地点情報」の活用方法に関する提案活動を推進していく。また、新潟・山形・秋田3県以外のより広域で詳細なデータの活用も視野に入れ、さらなる交通事故防止対策を強化するとしている。


◎関連リンク→ 富士通マーケティング株式会社


◎関連リンク→ 株式会社富士通交通・道路データサービス

 

最新ニュース

【運行管理】
トワードとパイオニアが共同開発 運行管理プラットフォーム
 
【デジタコ】
デンソーセールス セミナー&展示会「成功のカギは人材にあり」
 
【デジタコ】
デンソーセールス フリートセミナーで最新技術を展示
 
【ドラレコ】
ドラレコの恩恵 いざという時に身を守る
 
【デジタコ】
デンソーセールス 伊藤正彦社長「新分野への挑戦」
 
【運行管理】
東ト協環境委員会 GEP活動を報告
 
【運行管理】
ナビタイムジャパン 「トラナビスマイル」に休憩地点案内を追加
 
【運行管理】
Hacobu 荷待ち時間の記録可能「ムーボスティック」
 
【デジタコ】
YAZAKIシステム商品展示会 DTG7など主力商品多数
 
【ドラレコ】
埼ト協連総会 事故の防止にドラレコ活用
 
【運行管理】
リコージャパン京都支社 展示会開催、テレニシなど参加
 
【ドラレコ】
大ト協東北支部青協 ドラレコ映像で事故防止を学ぶ
 
【運行管理】
甲西陸運 IT点呼キーパーで効率化、ポイントは「シンプルさ」
 
【運行管理】
東海電子 新型アルコール検知器、免許証リーダーを内蔵
 
【運行管理】
エッグ ETC2.0完全対応、運送管理をスマートに「運送管理V6」
 
【デジタコ】
ウィット 既存デジタコが使える労務管理システムを販売
 
【運行管理】
グリーナー 通話し放題格安SIM
 
【運行管理】
テレニシ 遠隔地も不正防止徹底、総合クラウド「IT点呼キーパー」
 
【ドラレコ】
井上運輸機工 ネット型デジタコ導入、成功事例で取材受ける
 
【ドラレコ】
神ト協 ドラレコ活用講座を実施
 
 

デジタルタコグラフ

ドライブレコーダー

運行管理システム(TMS)

配車計画システム

運送業経営支援システム

販売代理店

安全運行支援