エムエスティ 車両管理支援システム、手のひらサイズで簡単設置

【運行管理】

 

 システム開発のエムエスティ(原田進一郎社長、東京都荒川区)は自動測位型車両管理支援システム「Map STation/V」を新開発し、発表した。


 このシステムは、タバコの箱よりひとまわり小さい、手のひらサイズのバッテリー内蔵端末器を車に置くだけで、その車両の動きがリアルタイムに把握できるというもの。使い方は端末器の電源を入れて車内に置き、PCやスマートフォンでインターネットの専用サイトからログイン、管理画面を映し出すだけで準備は完了。事前に運行スケジュールを登録しておけば、画面の地図上に、GPS機能で端末器から送られてきたデータにもとづき、車両の位置情報がリアルタイムで映し出される。また、その走行記録も3か月間保存できるので、車両とドライバーの詳細な時間管理が可能となった。

 「位置データの取得は分単位でも設定でき、細かい緯度と経度で滞在場所と時間の情報を自動的に発信するので、荷待ち時間の把握も可能。つまり、ドライバーの就業時間管理もできるようになった。今後、荷主に対し、荷待ち時間の請求ができるようになった時、このデータが使えるのでは。この端末位置情報はネットで一般公開することもできるので、荷主や荷受け側もリアルタイムで状況把握でき、受け入れ準備の際も無駄なく整えることもできる」と説明。また「固定設置型ではないので傭車管理にも使える。この端末器は、駐車時にドアの開け閉めや窓の異常(割られるなど)、発進などのわずかな振動も捉えてメールを発信するので盗難対策にも役立つはず」と語る。初期費用は5000円、端末器1台当り4000円/月と安価だが、唯一の条件として「通信を使うので、2年以上のご契約で」となっている。現在「本体無料」のキャンペーン中で、年内いっぱい実施の予定。

 

最新ニュース

【運行管理】
ナビタイム 通行止め考慮したルート検索を開始
 
【運行管理】
聖亘トランスネット クラウド型システムに新機能
 
【運行管理】
富士通マーケとFTRD 急ブレーキ多発地点情報を提供
 
【運行管理】
エムエスティ 車両管理支援システム、手のひらサイズで簡単設置
 
【ドラレコ】
アールアンドピー バックカメラセットなど経営者目線の商品提供
 
【デジタコ】
テレコムと東海電子 合同セミナー開催、アルコール検知器など紹介
 
【運行管理】
夏のバッテリートラブルに注意 こまめな液量チェックを
 
【運行管理】
運輸とICTが団結 運輸デジタルビジネス協議会が発足
 
【運行管理】
モービルアイで事故防止 ジャパン21がセミナー開催
 
【運行管理】
イクソル 物流とIT、両方に精通
 
【運行管理】
共栄システム 電力販売業に参入、見直しによるコスト削減を提案
 
【運行管理】
フルバック 安全管理の取り組み解説
 
【運行管理】
テレニシ 「IT点呼キーパー」助成対象認定で低コスト導入へ
 
【運行管理】
アールアンドピー 24Vバックカメラリニューアル
 
【運行管理】
東洋マーク製作所とテレニシ アルコール検知器とIT点呼キーパーを接続
 
【デジタコ】
デンソーセールス セミナーと展示会で「労務管理と成長戦略に」
 
【運行管理】
あんサポ活動報告会 「体調予報」の取り組みを報告
 
【ドラレコ】
和ト協 ドラレコ活用セミナーを開催
 
【運行管理】
ナビタイムジャパン 「トラックカーナビ」全国対応を実現
 
【運行管理】
ジャパン21 7月に東名阪で「モービルアイセミナー」開催
 
 

デジタルタコグラフ

ドライブレコーダー

運行管理システム(TMS)

配車計画システム

運送業経営支援システム

販売代理店

安全運行支援