イクソル 物流とIT、両方に精通

【運行管理】

 

 イクソル(ixol、谷川佳士郎社長、札幌市中央区)は6月に設立された物流ITコンサルティング企業。道内では、物流のコンサルティングを専門に行う企業は非常に少なく、「物流IT」のコンサルティングを標榜する業態はさらに珍しい。オフィスを札幌市と東京都に置き、今後は道内のみならず、首都圏での顧客開拓を進めていく。


 谷川社長は、システムの開発に約20年、物流業界に約10年携わり、首都圏を中心に一般貨物事業者、軽貨物事業者などへの営業支援や現場効率化の提案、ニーズに合ったシステム開発の受託・販売などを行い、首都圏を中心に物流業界で広い人脈を築いてきた。物流とITの両方に精通したノウハウを生かしての起業である。


 物流についてのコンサルティングでは、「事業の戦略立案や現場改善、営業支援などには強いが、ITについては疎いので、専業のシステム企業に任せる(提携する)」といったケースや、「システム開発を本業としているが、実際の物流事業には詳しくない」といったケースも少なくなく、同社の強みは「物流」と「IT」の両方に詳しく、「どちらのコンサルティングもでき、両方を絡めた事業効率化のための有効な提案もできる」という点。

 「信頼のおける配送委託先を探している」「営業先を探している」といった物流事業の身近な悩みから、「事務所まわりのハードとソフトに詳しい人間がいないので見てほしい」「事務作業を効率化させるためのシステムを比較したい」「新規事業を興すため、新たなシステムの開発を進めたい」といったITに関するニーズまで幅広く対応する。


 社名は「I(人、IT)」と「X(交わる、無限大)」と「OL(solution、太陽〝sol〟)」を組み合わせた同社長の造語。物流とITをかけあわせ、業界の発展につなげたいという思いが込められている。「物流業界のお客様と一緒に、業務で抱える問題を解決していく会社でありたい」としている。


◎関連リンク→ 株式会社イクソル

 

最新ニュース

【運行管理】
ナビタイム 通行止め考慮したルート検索を開始
 
【運行管理】
聖亘トランスネット クラウド型システムに新機能
 
【運行管理】
富士通マーケとFTRD 急ブレーキ多発地点情報を提供
 
【運行管理】
エムエスティ 車両管理支援システム、手のひらサイズで簡単設置
 
【ドラレコ】
アールアンドピー バックカメラセットなど経営者目線の商品提供
 
【デジタコ】
テレコムと東海電子 合同セミナー開催、アルコール検知器など紹介
 
【運行管理】
夏のバッテリートラブルに注意 こまめな液量チェックを
 
【運行管理】
運輸とICTが団結 運輸デジタルビジネス協議会が発足
 
【運行管理】
モービルアイで事故防止 ジャパン21がセミナー開催
 
【運行管理】
イクソル 物流とIT、両方に精通
 
【運行管理】
共栄システム 電力販売業に参入、見直しによるコスト削減を提案
 
【運行管理】
フルバック 安全管理の取り組み解説
 
【運行管理】
テレニシ 「IT点呼キーパー」助成対象認定で低コスト導入へ
 
【運行管理】
アールアンドピー 24Vバックカメラリニューアル
 
【運行管理】
東洋マーク製作所とテレニシ アルコール検知器とIT点呼キーパーを接続
 
【デジタコ】
デンソーセールス セミナーと展示会で「労務管理と成長戦略に」
 
【運行管理】
あんサポ活動報告会 「体調予報」の取り組みを報告
 
【ドラレコ】
和ト協 ドラレコ活用セミナーを開催
 
【運行管理】
ナビタイムジャパン 「トラックカーナビ」全国対応を実現
 
【運行管理】
ジャパン21 7月に東名阪で「モービルアイセミナー」開催
 
 

デジタルタコグラフ

ドライブレコーダー

運行管理システム(TMS)

配車計画システム

運送業経営支援システム

販売代理店

安全運行支援