アールアンドピー 24Vバックカメラリニューアル

【運行管理】

 

 バッテリーやバックカメラシステムの専門商社であるアールアンドピー(山下満社長、大阪府大東市)の「24Vバス・トラック用バックカメラ」が、8月からリニューアルする。カメラの画素数が上がり、暗い場所でも見やすくなったほか、ケーブルの強度もアップした。


 同社が提供する商品は、高性能かつ低価格を実現し、安全を重視する経営者に好評を得ている。広角視野確保の小型カメラは、これまでバックカメラの設置が困難といわれてきたトレーラや平ボディー車にも取り付け可能だ。フルトレーラには左側面にカメラをつけトレーラの左後輪部を映し、右旋回後退時や左折時に活用するほか、トレーラヘッド後方に設置することでコンテナなどの牽引している荷台の動向を確認するというパターンも考えられる。


 ケーブルの強化について山下社長は、「ケーブル配線を行う際に、先端のジャックだけを持って引き回しを行う場合があるが、ジャック内部・根元の内部断線が起きる場合がある。そのため、ジャック部分に部品を追加したことで断線が起きにくくなった」と説明する。

 ルームミラー取り付けタイプカラーバックカメラセット「BEーRV141ーRA/RB」は、全ト協助成対象品。より鮮明な映像にこだわり、高画質・ワイド画面の液晶モニターで細部まで映像確認が可能。広角な後方視野範囲を確保することで、ドライバーの安心・安全を守る。


 同社のバックカメラは故障の心配もなく、万一の時も「対応が早く使いやすい」とドライバーに好評で、導入企業からは「事故防止に貢献している」「全車両に装着したい」といった声が挙がっている。


 なお、バックカメラについて同社は全国出張を開始しており、他社製品を含む全製品の取り付けのほか、自社製品のメンテナンスも行う。バックカメラセットのメーカー希望小売価格は8万円(税別、取付費用が別途必要)。商品のお問い合わせ・見積もりは、同社HPまで。


◎関連リンク→ アールアンドピー株式会社

 

最新ニュース

【運行管理】
ナビタイム 通行止め考慮したルート検索を開始
 
【運行管理】
聖亘トランスネット クラウド型システムに新機能
 
【運行管理】
富士通マーケとFTRD 急ブレーキ多発地点情報を提供
 
【運行管理】
エムエスティ 車両管理支援システム、手のひらサイズで簡単設置
 
【ドラレコ】
アールアンドピー バックカメラセットなど経営者目線の商品提供
 
【デジタコ】
テレコムと東海電子 合同セミナー開催、アルコール検知器など紹介
 
【運行管理】
夏のバッテリートラブルに注意 こまめな液量チェックを
 
【運行管理】
運輸とICTが団結 運輸デジタルビジネス協議会が発足
 
【運行管理】
モービルアイで事故防止 ジャパン21がセミナー開催
 
【運行管理】
イクソル 物流とIT、両方に精通
 
【運行管理】
共栄システム 電力販売業に参入、見直しによるコスト削減を提案
 
【運行管理】
フルバック 安全管理の取り組み解説
 
【運行管理】
テレニシ 「IT点呼キーパー」助成対象認定で低コスト導入へ
 
【運行管理】
アールアンドピー 24Vバックカメラリニューアル
 
【運行管理】
東洋マーク製作所とテレニシ アルコール検知器とIT点呼キーパーを接続
 
【デジタコ】
デンソーセールス セミナーと展示会で「労務管理と成長戦略に」
 
【運行管理】
あんサポ活動報告会 「体調予報」の取り組みを報告
 
【ドラレコ】
和ト協 ドラレコ活用セミナーを開催
 
【運行管理】
ナビタイムジャパン 「トラックカーナビ」全国対応を実現
 
【運行管理】
ジャパン21 7月に東名阪で「モービルアイセミナー」開催
 
 

デジタルタコグラフ

ドライブレコーダー

運行管理システム(TMS)

配車計画システム

運送業経営支援システム

販売代理店

安全運行支援