ジャパン21 7月に東名阪で「モービルアイセミナー」開催

【運行管理】

 

 ジャパン・トゥエンティワンは7月に、「モービルアイ・セミナー」を開催する。今年で4回目となる。今年のテーマは「事故削減効果」。


 同社が展開する後付け衝突防止補助システム「モービルアイ」は、2011年12月の発売から5年目を迎え、日本国内での導入台数は5万台を突破。セミナーではユーザー事例として日立物流が「安全はすべてに優先する」というテーマで、モービルアイの導入背景や効果について全会場で講演を行うほか、東京や名古屋会場では導入開始から2年以上経過した丸玉運送(愛知県東海市)が登壇する。


 大阪会場では、フリートマネジメントシステムの「イトラン」を用いてデータ連携を行い、モービルアイによる運転状況の可視化の取り組みを始めた山角興業(兵庫県川西市)が、その狙いと効果について講演を行う。セミナーの詳細は以下の通り。

 東京会場=7月25日、午後1時半セミナー受付開場、同2時開始。懇親会は午後6時―同7時半。会場は秋葉原UDXギャラリー4階。


 名古屋会場=7月27日、午後2時セミナー受付開場、 同2時半開始。懇親会は午後6時―同7時半。会場はTKPガーデンシティ PREMIUM名古屋駅前13階。


 大阪会場=7月29日、午後2時セミナー受付開場、同2時半開始。懇親会は午後6時―同7時半。


 参加費はセミナーおよび懇親会、いずれも無料。申し込みは同社HPの専用バナーから。


◎関連リンク→ ジャパン・トゥエンティワン株式会社

 

最新ニュース

【運行管理】
ナビタイム 通行止め考慮したルート検索を開始
 
【運行管理】
聖亘トランスネット クラウド型システムに新機能
 
【運行管理】
富士通マーケとFTRD 急ブレーキ多発地点情報を提供
 
【運行管理】
エムエスティ 車両管理支援システム、手のひらサイズで簡単設置
 
【ドラレコ】
アールアンドピー バックカメラセットなど経営者目線の商品提供
 
【デジタコ】
テレコムと東海電子 合同セミナー開催、アルコール検知器など紹介
 
【運行管理】
夏のバッテリートラブルに注意 こまめな液量チェックを
 
【運行管理】
運輸とICTが団結 運輸デジタルビジネス協議会が発足
 
【運行管理】
モービルアイで事故防止 ジャパン21がセミナー開催
 
【運行管理】
イクソル 物流とIT、両方に精通
 
【運行管理】
共栄システム 電力販売業に参入、見直しによるコスト削減を提案
 
【運行管理】
フルバック 安全管理の取り組み解説
 
【運行管理】
テレニシ 「IT点呼キーパー」助成対象認定で低コスト導入へ
 
【運行管理】
アールアンドピー 24Vバックカメラリニューアル
 
【運行管理】
東洋マーク製作所とテレニシ アルコール検知器とIT点呼キーパーを接続
 
【デジタコ】
デンソーセールス セミナーと展示会で「労務管理と成長戦略に」
 
【運行管理】
あんサポ活動報告会 「体調予報」の取り組みを報告
 
【ドラレコ】
和ト協 ドラレコ活用セミナーを開催
 
【運行管理】
ナビタイムジャパン 「トラックカーナビ」全国対応を実現
 
【運行管理】
ジャパン21 7月に東名阪で「モービルアイセミナー」開催
 
 

デジタルタコグラフ

ドライブレコーダー

運行管理システム(TMS)

配車計画システム

運送業経営支援システム

販売代理店

安全運行支援