トータルフリートサービス 確実に事故減らす「車録」

【ドラレコ】

 

 トータルフリートサービス(東京都渋谷区)は、ドラレコを活用した事故削減・安全運転コンサルサービス「車録(シャーロック)」を展開している。


 同サービスの柱は二つ。一つは、インターネットを活用した運行情報の集計・閲覧サービスで、ドラレコのデータをアップロードすると、クラウド上で一元管理できるというもの。大西康弘社長は、「ヒヤリハットがどこで起こったか、その時にどういう運行をしていたかなどが一目で分かる」と説明。帳票類も自動的に作成される。

 もう一つの柱が、運行データ分析・安全運転教育のコンサルサービス。起こったヒヤリハットを危険度で5段階に分類。3以上のものに関して同社のスタッフが目視で確認し、危険なものについては、起こった際の状況や注意点などをレポートにする。「月ごとの件数を追うことも可能で、ヒヤリハットの増減を確認することができる」。


 同社長は、「集計・閲覧サービスとコンサルサービスをセットで使うことで、事故を確実に減らすことができる」と説明。実際に、「過失事故の発生件数が、43件から9件にまで減った事例もある」という。


 同社長は、「ドラレコを装着すると、初めは『見られている』という意識から事故が減るが、日常化してくると元に戻ってしまう」と指摘。その上で、同サービスについて「継続的に指導をしていきましょうというのがコンセプト」とアピールする。


 利用料は、集計・閲覧サービスが1台あたり月額1000円。コンサルサービスが同2000円。両方セットでも同3000円という低価格が売りだ。


 なお、同社では講習会の開催や安全運転教育プログラムの作成なども手がけており、「ユーザーにヒアリングしながら、内容や価格も決めていく」という。


◎関連リンク→ 株式会社トータルフリートサービス

 

最新ニュース

【運行管理】
ナビタイム 通行止め考慮したルート検索を開始
 
【運行管理】
聖亘トランスネット クラウド型システムに新機能
 
【運行管理】
富士通マーケとFTRD 急ブレーキ多発地点情報を提供
 
【運行管理】
エムエスティ 車両管理支援システム、手のひらサイズで簡単設置
 
【ドラレコ】
アールアンドピー バックカメラセットなど経営者目線の商品提供
 
【デジタコ】
テレコムと東海電子 合同セミナー開催、アルコール検知器など紹介
 
【運行管理】
夏のバッテリートラブルに注意 こまめな液量チェックを
 
【運行管理】
運輸とICTが団結 運輸デジタルビジネス協議会が発足
 
【運行管理】
モービルアイで事故防止 ジャパン21がセミナー開催
 
【運行管理】
イクソル 物流とIT、両方に精通
 
【運行管理】
共栄システム 電力販売業に参入、見直しによるコスト削減を提案
 
【運行管理】
フルバック 安全管理の取り組み解説
 
【運行管理】
テレニシ 「IT点呼キーパー」助成対象認定で低コスト導入へ
 
【運行管理】
アールアンドピー 24Vバックカメラリニューアル
 
【運行管理】
東洋マーク製作所とテレニシ アルコール検知器とIT点呼キーパーを接続
 
【デジタコ】
デンソーセールス セミナーと展示会で「労務管理と成長戦略に」
 
【運行管理】
あんサポ活動報告会 「体調予報」の取り組みを報告
 
【ドラレコ】
和ト協 ドラレコ活用セミナーを開催
 
【運行管理】
ナビタイムジャパン 「トラックカーナビ」全国対応を実現
 
【運行管理】
ジャパン21 7月に東名阪で「モービルアイセミナー」開催
 
 

デジタルタコグラフ

ドライブレコーダー

運行管理システム(TMS)

配車計画システム

運送業経営支援システム

販売代理店

安全運行支援